Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回でしょうか、製材所に行ったことをまた記事にします、って書いたのは。
で、そのネタです。

04木材151031

インターホン柱って分かりますでしょうか?
ポストやインターホン、ネームプレートが付いたやつ。
スチールで造ることを考えていたのですが、工事費の調整に伴い変更。
じゃあ木で造っちゃえ!がきっかけで材料検討です。

上はヒノキ材、どれにも決めきれない場合はこれ。
下は「茅」という木。
碁盤に使われることが多い、硬くて重い、なかなか珍しいモノです。

01木材151031

こちらも珍しい、「栂」
杉やヒノキと違い、植林して育てる木ではないため市場に出回ることは少ないです。
昔は「栂普請」なんて言って材料にこだわった住宅でもてはやされたことがあるそう。
私は全然知りませんでしたが・・・

03木材151031

最後が杉。
杉は杉でも「赤杉」というか「黒杉」と言うか、とにかく側はダメになってしまっていますが、
心材が赤身で水に強い材料です。

02木材151031

そこで最終どうするのか・・・
・・・赤杉にするかな!
実は現状それぞれの材を製材所が預かっているだけで、欲しいものを欲しいときに買う、みたいな感じで、
いろんな事情でやっぱこれかなぁ。。。





スポンサーサイト
なかなかブログのペースも上がらず、気が付けば工程も折り返し点を過ぎて、
そろそろ完了を見据えなければならないかな、なんて時期に差し掛かったようです。

01階段手摺151029

本棚や収納戸等の造作でお願いしている家具類も着々と進んでいます。
既製品の方が色々な機能があって、見た目も小奇麗ですが、
無垢材などで現場で製作する家具類は違う意味の「味わい」があると思っています。

01外壁シックイ151029

道路に面する外壁は漆喰塗としていまして、これも先日施工を行いました。
どういう表情にするかは、施工に先んじて施主さんと共に決定しています。
基本フラットに塗って貰った面を少しスポンジなどで引きずって仕上たものが写真ですね。

どうでしょうか、いいですかね。

こういった類はサンプルを作って貰って充分に検討するわけですが、
広い面積になったときや、光の当たり具合で、思っていたイメージと必ずしも一致しない時があります。

むずかしいですね。

01階段151029

階段も所謂「ストリップ階段」です。
ちょっとごついでしょ。
ササラや段板の厚みは実は意匠的に決めているのではなくて、防火の規制上で決定しています。
まあ、存在感があっていいという意見もありますね。

013F天井151029

勾配天井も仕上のシナ合板を張り終えました。
なかなか綺麗な仕上がりです。

意匠屋さんのこだわりがあるとすれば、「目地寸法を小さくして欲しい」とういこと。
最終的に4mmということになったのですが、
大工さんに聞くと「原則、材料の厚みとする。」ということ。
なるほど、シナ合板4mmなので目地寸法4mmということですね。

それに写真を見てお分かりですね!
小さくカットした材料を目地に挟んでその間隔を確保していることを!

勉強になりました。


天気も安定する日が多く、各業者もスケジュール通りに仕事が運べるようになりました。

木工事が本番を迎えています。

01金属サイディング151015

中間検査も終了し、じっくり腰を据えて取り掛かっている最中だと思われます。
最近は結構大工の手も多く、見る見るうちに内部の造作が進んでいく光景を目の当たりにします。
階段も一階は付きました。

01木工事151015

現場はいいなぁ
そう思う瞬間でしょうか。
ただ、別の設計が佳境に入っていることもあり、ゆっくり現場にいることが出来ないのが残念なところです。

軒樋も着いたし、外壁も貼り終えた。
今日は左官屋さんが来ていたので、外壁の下地の工程に入るようですね。

01軒樋151015

そんな現場で唯一頭が痛いのが材料の手配。
こちらで設定した製材所から入れるヒノキ材が発注から随分経つのに一部届いていません。

02木工事151015

現場は大阪で鍛えられた工務店ですから、工期をしっかり守ってくれています。
一方、製材所は田舎の人なのかなぁ、やはり結構ゆっくりしていて、その辺りの認識のズレはあるように思います。
でも、まあ、納期は守って貰わねばならないのが原則ですから、製材所には頑張って貰います。
先日、他のことも相談にその製材所に行ってきましたので、その記事はまた。




建方検査で少し手間取りました。
もちろん現在に至っては合格証が出ているわけですが・・・

現場はいろいろあるものですね。

01サイディング151003

それでも、現場は良くやってくれていると思っています。
が、思った以上に質疑が多い印象ですね。

よくよく聞くと、他よりもそもそもの図面が書き込みが多いらしく、
その印象から、細部まできっとこだわっているのだろうと思い、やはり確認しよう、となるらしいです。
現場とうちの事務所が歩いて1、2分の距離にあることもそのことに拍車を掛けているのでしょう。

01木工事151003

床もほぼ張り終えたところです。
一階はヒノキの厚板仕上です。
二階、三階もヒノキですが、特に一階は30mm厚でかつ、乱幅のものを使用しています。
乱幅とは、幅が一定ではなく広い物のあれば(今回は350mmぐらいのものがそこそこありました。)、
180mm程度のものまであります。
既製品ではないので、製材所で挽いてもらった板材を無駄なく使う工夫ともいえます。

見積段階で、乱幅のものは実加工が高くつく、と製材所の社長が言ってたので、
今回は諦めていたわけですが、なぜか心変わりしたのでしょうか、
現場に入ってきた材は前述の通り。

1年前に竣工した物件を見て施主さんが設計の依頼をしてくれたことが響いたのでしょう。
ならば、何とか幅広のいいものを!
そう、社長は思ったのかも知れません。

01セメントボード151003

玄関廻りの左官仕上の下地です。
意匠屋としては結構そそられる表情ですね。
つまり、このままでカッコいいじゃんってことです。
・・・そうは、いきませんけどね。

軒天の板張りも終えています。
防火の問題をクリアするため木毛セメント板を下地貼しています。

01軒天151003

とても綺麗ですが、全体の印象とバランスがどうか、これからの進み具合で分かってきます。

外壁も役物と一部を除き、ほぼ貼り終えています。
外壁の仕上材が工事費の減額対象になったので、その表情が気になっていたのですが、
養生シートの合間から見えるものは悪くないように思えました。

02サイディング151003

窯業系のサイディングを境界側に、金属系のサイディングを公園側に計画したのですが、
はてさてその結果は・・・足場がバレた時に分かります。
楽しみでもあり、不安でもあり。



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。