Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
概ね、予定通りに工事は進んでいます。
順調ですね。

01地業150730

思いのほか地盤調査の結果が良かったことは、前々回のブログで記載済みですが、
柱状改良などの地盤改良がなかった分、荒らした表土を念入りに転圧してもらいました。

02地業150730

砕石を敷き詰めた状態です。
レベルもキッチリしてくれているようで、基礎の配筋、コンクリート打設にも信頼がおけます。

今回も、前回の住宅で使用した「土壌蓄熱式床暖房」を採用しましたので、
次の工程は床暖房パネルの敷き込みです。

03地業150730

ここにも地盤改良をせずに済んだメリットがありました。
柱状改良を施すと、その杭頭を避けて上記写真のようなパネルを敷きこまなければならないのですが、
今回はその配慮が不要なため、基礎全体に均等にパネルが敷きこめることとなりました。
実際に使用する段階になれば、どの場所においてもほぼ均等に室温を温めてくれることになりそうです。

・・・もっとこまめにブログはUPしないといけないですね。

昨日は施主さんと共に、構造材の検品というか、見学に行ってきたのです。
こちらも前回住宅と同じ製材所に材料を調達して貰っています。
全てではありませんが吉野周辺のヒノキ材です。

コスト優先で考えれば、成り立たない選択をしているのでしょうが、
家全体でヒノキ材を多用することで、無駄なく、無理なく、家作りをしよう、
そういう考えが根底にあります。

04地業150730

現在、近くに木を切り出せる山があるのが日本ですし、
為替の問題だけで外材を使用するなんてことになるのなら、
設計者が動くことでせめてそのコストの問題を少しでも解消したい、
そんな風には常々思っていますね。

・・・などなど、話をしながら施主さんと材料を確認していました。
製材所の社長も色々と話をしてくれて、
施主さんも
「来て良かった。」
なんて、言っていただいたのはとても有難いことでした。




スポンサーサイト
解体もすっかり終わってきれいに更地となりました。
隣地が公園のため視界の抜け感はいいものがありますね。

また、お隣のバルコニーに面するアルミサッシが思いのほか大きかったことに改めて驚くという現実。
そこは死角となっていて、解体前には見えないところではありましたが、施主さんも、
「こんな風になっているって今になって初めて知りました。」
なんて、長年住んでいてもそうなんだなぁ、と感心するやら。

01地盤調査150717

予定通り地盤調査を行いました。
大阪市内の全般的に地盤の悪い地域に該当するものですから、
設計段階から地盤改良はありきで進めてきました。
・・・ところが、ですよ!
思った以上に良好な地盤であるということが調査の結果判明!
結局、地盤改良は不要となり、予算は浮くことになるし、工程にも余裕がでるという
とてもラッキーな結末です。

02地盤調査150717

基礎工事に早く入りたいところですが、地盤改良がありきで工程を組んでいたもので、
基礎下に埋める床暖房パネルの手当てもすぐには対応できず、
予定していた工程の通りに進めることになりそうです。

現場監督が言っていたのですが、
「解体工事が無事、順調に終了してホッとしています。
経験上、掛かりが順調に運ぶと、不思議なことに今後、工事が順調に進むみたいです。」
地盤調査の結果は、この言葉を裏付けていますね。
本当にこのまま順調に進んでいって欲しいものです。



ここ数日は本当に寒い日が続いています。

昨日は墨出し(地墨)でした。

また、当たり前のように、工務店の社長と一緒に行いました。

01地墨0220

これまで、監理業務として、墨出しの結果が正しいのか、否かの確認はしてきましたが、
正直なところ、墨出しの作業そのものをやることはなく、貴重な経験ではありました。

ですので、他の現場がどのような方法で地墨を打っていくのか、
その比較は出来ません。

今回、一通り墨を打った後、
検証作業を行ってみると、微妙にずれている・・・

さてどこが間違っているのか・・・

あちらこちら当ってみて、
ハテサテ・・・
結局はもう一度最初からおさらいしてみた、
そういったところだったでしょうか。

とにかく、
その精度を出すことの難しさ、
あるいは修正が必要な際の調整が難しいことを身に染みて感じた一日でした。


昨日は捨コン打ち&ガス管の先行配管を行いました。

柱状改良の杭頭まで砕石を入れ、均しながら転圧。

01ステコン0218

その後、捨てコン打ちです。

02ステコン0218

何分、敷地が狭いため、一部型枠が組めず、
スチレンフォームを挟んで捨て型枠としました。

同様にガスの配管代が外部周りに取り難い為、先行配管となりました。

03ステコン0218

黄色のものがそれ。
ポリエチレン管といって、地震等で地盤が変異しても追従する性質を備えているそうです。

スバラシイ!

写真はその継手の加熱融着接合の様子。
簡単にいえば、接合部品を溶かして接合するという仕組みです。

後で触らせてもらうと確かに温かかったですよ。

2/12は掘方を行いました。

ただし、通常のベタ基礎で行われる堀方とは形状も、その意味もちょっと違います。

02掘方0212

今回の基礎ベースはフラットなので、
外周周りなどの根入を深くする必要もないのですが、
柱状改良の杭頭を避けてベース部分の地盤を少し下げています。

さらに、改良の山砂を入れてフラットに仕上げています。

01掘方0212

実は、これは蓄熱式床暖房のための準備なのです。

後日、発熱パネルを敷き詰め、電気配線をし、
山砂でサンドイッチして、砕石等で埋め戻します。

詳しくはパネルを敷込んだ後、また書きますね。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。