Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり更新に1ケ月以上経っているのですね・・・

本人的には結構バタバタと仕事をしていたように思うのですが、正直ここにUPするようなネタがなく、
放置状態が続いた・・・そういうことです。

01能勢のカフェ161104

とりあえず、最近訪れたカフェの写真でも上げておこう。
何となく雰囲気が出るだろう・・・

とどのつまり、
「ちょっといいなぁ」
とか思ってもらえるような仕事に携わりたいのですが、ここ数ヶ月は残念ながらそうでもなく・・・
・・・嫌とか、そうではないのですよ・・・

でも、でも、なんか違うんだよなぁ、
そんな日々なのです。


スポンサーサイト
やはり1ヶ月更新が途絶えていたようです。
今日こそ更新して広告が出るのを防がねば・・・

桧の材料を調達していた製材所が奈良県の御杖村にあるのですが、
その繋がりもありお隣の室生村にも良く行きます。
毎年恒例の「室生里めぐり」に行って来ました。

そう、毎年のように行っているので、目新しい場所が無くなって来ているのですが、
今年はこちらがとても良かった。

01室生里めぐり 160922

"旧飯岡家"といい、その昔は伊勢参りに向かう大名の宿場だったそうで、
そこそこに奥深い里山の中に突然このような立派な建物が現れます。

02室生里めぐり 160922

お名前の通り、飯岡さんといわれる方がずっとキチンと手入れされていたことが良くわかります。
土間のおくどさんもとても状態がよく、年代モノのタイルも綺麗なまま。

03室生里めぐり 160922

現在は、所有者が替わり、色々なイベントに使用できるよう模索中だそうです。

室生村はアート系の移住者が多いこともあり、今後の動向が気になります。


何だか最近はお手伝い仕事ばかりしているなぁ・・・

ストックしている現場の写真や事務所にある資料を眺めながら、
ふとそんな風に思えるのでした。

もちろん、仕事に貴賎などなく、有難くやらしてもらっているのですが、
あくまで下請けという状況をどう捉えて次に繋げていくか、少し考えるところがあります。

01クリニック160825

で、その現場ですよ。
先月の終わりは上のような状況でした。
解体が終わって、墨出しの手伝いをした時の写真です。

02クリニック160825

それが3日ほど前が上の写真。
お盆休みも挟んでいますから、中々の進度ぶりです。
もちろん現場は頑張っているのですが、
この急ぐ仕事振りをただスゴイ、いい、と評価すべきなのか迷うところです。

店舗の改修ではままあることらしいのですが、
できることならもう少し計画、施工に時間が取れるなら、
同じ金額でもっと質の高いものが作れるのではなかろうか、そんな風に思ってしまいます。

それもこれも下請け作業の身です。
わかったようなことを発言する立場にはありません。





前々回の記事は建築途中のものを取り上げていたのに完了のものがありませんでした。

私は設計のお手伝いをしただけなので、竣工写真は遠慮してちょっとだけ・・・

F邸竣工 02 160819

「住宅に特別なこだわりのない層をターゲットにリーズナブルな価格の良質な住宅を提供する。」

そんな発想のもと進めてきた住宅なので、やはり既製品を多用する造りとなっていますが、
おかげで施工期間は当初予定していたものよりさらに短い期間でできました。

私が設計する同程度の大きさの住宅より少なくとも2ヶ月程度早くできています。
なるほど、昨今の住宅が3ヶ月でできるのも納得できます。

しかし、最近の既製品はよくできていますね。

「何でも造るのが一番!」

なんて、思い込んでいる設計者は少し発想を変える必要がありそうです。

でも、結構スッキリできているのではないでしょうか。
一つは、サッシを天井いっぱいに設置していること。
もちろん、施工している人たちの質が高いことは言うまでもありません。

F邸竣工 01 160819

完成見学会もやったみたいだし、
これをキッカケに設計+施工した工務店に依頼がくればいいのになぁ、
そう思ってやみません。




更新が途絶えて自分でもブログをやっているのかどうかわからないぐらい経っていました。
何もネタがないかといえばそうでもなくて、書く気があればそれなりに更新できていたように思いますが、
人間気が緩むとダメになってしまうものです。

ならば、なぜ今日は更新しようと思ったか、ですが、
おそらく先日の行事がきっかけになったのだろうと思います。

この時期結構あるようですが、中、高校時代の同窓会に出席しました。
これがなかなかにすごい人たちが集まる会でして、
チマチマと設計をやっている身分としては気後れせずにはいられないものでした。
あっちをみれば一流企業の人達、片やお医者さんの集団、こっちを見れば経営者さん達。

見栄えは太った人、頭髪が寂しくなった人、ここにいたってむしろ綺麗になった人etc様々ですが、
話してみると変わらない・・・時間流れが急に巻き戻されたようなそんな感覚・・・

その日帰ったら、人酔いしたのかぐったりして、気が付かないうちに圧倒されていたのかどうか・・・
でも、でも、久しぶりに合えてとても有意義というか、幸せな気分になれた気がします。

刺激を受けたのでしょう。

そして、「もっと頑張ろう!」みたいな若者のような心境に今なっているのですね。

私自身がやれることなんて、設計に関係することだけですが、なにやら新鮮な気持ちでこれから取り組める気がしています。

今回は字ばっかりです。

次を早めに更新することからでしょうか、ね。

16日に建方検査に立ち会いました。

01建方160519検査

前回に記事にした住宅ですね。

構造フレームに筋交や合板などの耐力壁とカウントできるものを設置して、所定の機関に検査を受けるというものです。
一部書類に注文がつきましたが検査自体はOKでした。
まぁ、優秀といっていいのではないでしょうか。

02建方160519検査

これからサッシをつけて、屋根の雨仕舞もしつつ地道な作業が続きます。



家が建つ・・・家が建つ・・・私の家じゃないけれど・・・
なんてCMが昔ありましたよね。

まあ、それ程に無関係ではなくて、設計の協力をさせて貰った住宅の建方が先日ありました。
生憎の雨で現場の大工さんたちも大変だったとは思いますが、何とか屋根の下地合板まで張れたようです。

01フクザキ邸建方160509

以前にも書きましたが、個人的には建方の時期の辺りが一番好きです。
基礎しかないところから一気にフレームが出来ていって、建物全体のボリュームがわかる、
フォルムがわかる、そんなところからでしょうか。

住宅の施工としてはこれから、というところですが、私自身の業務は終了しています。
はてさて、次に設計させてくれる施主を探さねばなりません。
設計事務所として、この辺が一番難しいところですかねぇ・・・




・・・まったりしています・・・
平日で忙しい人には申し訳ないくらい・・・
なのでブログUP。大してネタは無いのですが・・・

下の写真は、有名な又兵衛桜です。
撮影時は8分咲きだったようで、それでもどっしりと存在感のあるお姿でしたね。

又兵衛桜160411

NHKのドラマで取り上げられて以来観光客がたくさん訪れることもあり、
チョット敬遠していたのですが、実際に目の当たりにするとやはりいいものですね。

最近、元の暇な状況に戻ってしまっているわけですが、
慣れない忙しい状況がしばらく続いたせいでしょうか、なにやら居心地悪いですね。

宇陀カフェ160411

この写真のようにまったり過ごせばいいのでしょうが、
なんだかちょっと・・・なのです。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。